[PR]

 両親から虐待を受けて相模原市児童相談所(児相)に通所していた男子中学生(死亡当時14)が2年前の秋に自殺を図り、今年2月末に死亡していた。22日に市が発表した。児相は生徒を強制的に保護する対応を取らなかったほか、虐待情報の共有も不十分だったとしており、対応に問題がなかったか検証を進める。

 児相によると、「生徒の顔がはれている」などと市の担当課から通告があったのは2013年11月。翌14年5月にはコンビニに生徒が駆け込み、連絡を受けた警察が対応した。生徒はその際、「親に暴力を振るわれている」などと説明した。児相はこれ以降、定期的に両親や生徒に来所を求め、面接指導を進めた。

 14年10月には母親の体調不良を理由に面接指導ができなくなり、児相は一時保護を提案したが、両親は同意しなかったという。同意がなくても、児相は職権で強制的に保護できるが「急迫した状況ではなかった」として保護しなかった。

 相模原市の場合、一時保護が必要かどうかは「虐待による外傷があるか」など子どもの状況をリスクの高い順に1~8の数値で判断する。1~4の場合は職権で保護する対象となるが、生徒はリスクが低い方から3番目の6だったという。

 また、父親が生徒に暴力を振るったという情報が、同年10月29日に学校から児相に伝わっていたが、担当者から所長らに報告が上がらなかったという。生徒は翌11月、親族宅で自殺を図り、意識不明が続いた後の今年2月に死亡した。

 児相の鳥谷明所長は22日午前の会見で「対応は間違っていなかった」としたものの、同日午後に再び開いた会見では「情報共有ができておらず、一時保護が必要かの検討ができなかった」と、対応に不備があったとの認識を示した。

 生徒は、児童養護施設への入所…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら