[PR]

 週明け22日の東京株式市場は、日経平均株価が5営業日ぶりに値上がりして取引を終えた。終値は、前週末より323円74銭(1・94%)高い1万7048円55銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は同24・88ポイント(1・85%)高い1369・93。出来高は20億1千万株。

 米国市場では、ダウ工業株平均が前日まで7営業日連続で上昇。東京市場は、その流れを受けて朝方から買い注文が先行した。また、円相場が1ドル=112円台前半の円安水準を中心に推移し、輸出関連銘柄の採算改善につながるとの見方も買いにつながった。

こんなニュースも