JR九州は、九州新幹線や特急の切符を予約できるスマートフォン用の「JR九州アプリ」を開発した。すでに無料でダウンロードできるサービスを始めた。従来は予約用のインターネットサイトはあったが新たにアプリを開発し、スマホからより簡単に予約できるようになる。予約回数などに応じてスタンプがもらえ、アプリ内でためて楽しめる。

 また、乗り換え案内サイトの「駅すぱあと」「ジョルダン」とも提携した。九州新幹線の経路を検索すると、結果画面にJR九州のネット予約へのリンクが表示される。同サービスは4月以降に始める。

 JR九州は新サービスで現在約7%のネット販売比率を高めて効率化したい考え。22日に会見した青柳俊彦社長は「(ネット比率で)10%を超えたい。電車を利用しない層にもアピールしたい」と述べた。