【動画】ブリュッセルの地下鉄車両から避難する乗客=エバン・ラモスさん提供
[PR]

 ベルギーの首都ブリュッセルの空港で22日午前8時(日本時間同日午後4時)ごろ、2度の爆発があった。さらに約1時間後、ブリュッセル市内にある欧州連合(EU)本部近くの地下鉄駅構内でも爆発が起きた。地元メディアの報道などによると、この連続テロによって空港で14人、地下鉄で20人が死亡した。合わせて180人以上が負傷しており、死者数はさらに増える恐れがある。過激派組織「イスラム国」(IS)系のメディアは22日、事実上の犯行声明を伝えた。

 IS系メディアは「ISの戦士が爆発ベルトや装置を使い、空港と地下鉄の爆破を遂行した」と伝え、爆発前には「戦士が発砲を開始」した、とも伝えた。ベルギーについて「対ISの有志連合に参加している」と敵視する理由を伝えた。

 地元メディアなどによると、空港で爆発が起きたのは出発ロビーで、保安検査区域の外側。天井や窓ガラスが広範囲で吹き飛んだ。2度の爆発はチェックインカウンター近くであった。

 ベルギーのミシェル首相は、空港の爆発が自爆テロだったと述べた。また現地メディアは目撃者の話として、銃声とアラビア語の叫び声が聞こえた後に爆発が起きた、と伝えた。現場からは自爆ベルトが見つかり、近くにカラシニコフ銃があったという。

 ベルギー公共放送RTBF(電子版)によると、容疑者とされる3人が映った空港の監視カメラの映像を当局が公開した。黒い服の男2人が自爆テロを起こし、白い服の男が逃走したという。RTBFは、検察当局が、容疑者を3人と確認したと報じた。

 また地下鉄駅での爆発は、EU本部や日本大使館に近い官庁街のマルベーク駅で起きた。BBCなどによると、爆発が起きたのは車両内とみられる。

 連続テロの後、政府は国内全土でテロ警戒レベルを最高に引き上げた。ベルギーのレインデルス外相は地元テレビで、犯行に関係した人物がなお逃亡中の恐れがあると述べた。同国軍はブリュッセルに追加の部隊を派遣した。

 ブリュッセル空港は、航空便の発着がすべてキャンセルされ、利用客は施設外へ避難させられた。同市内では地下鉄や路面電車、バスが全面運休となった。EU職員らは外出を控えるよう指示された。

 隣国フランスとの間の国際特急や、英国と欧州本土を結ぶ高速鉄道ユーロスターのロンドン―ブリュッセル便も運行を停止した。

 ブリュッセルでは18日、昨年11月のパリ同時多発テロ実行犯メンバーとして指名手配中だったベルギー出身のサラ・アブデスラム容疑者(26)が拘束されており、報復テロの可能性がある。当局はアブデスラム容疑者の逮捕後、同容疑者が新たなテロを計画していた疑いがあるとの見方を示し、警戒を強めていた。

 在ベルギー日本大使館は巻き込まれた日本人がいないか確認を急いでいる。(ブリュッセル=吉田美智子、ロンドン=梅原季哉