[PR]

 ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を手がけるベンチャー企業に投資する会社を、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)がつくる。アイデアがあっても資金力が乏しいベンチャーを支援する。ふくおかFGによるとフィンテック向けの投資会社をつくるのは地銀で初めてという。

 4月1日付で完全子会社「ふくおかテクノロジーパートナーズ」(福岡市)を設立する。資本金は10億円で、ふくおかFGから社員が出向する。グループの福岡銀行など銀行や証券、コンサルティング会社と情報を共有し、九州を中心に有望な会社へ出資などを行っていく。パートナーとなる企業を探して企業同士が連携する手助けもする。