[PR]

(22日、選抜高校野球 木更津総合5-2札幌第一)

■木更津総合・早川隆久

 いつも通り英ロックバンド、クイーンの「伝説のチャンピオン」などを聴きながら球場入りした。「気持ちが上がるよ」と6歳上と2歳上の姉に勧められた曲だ。この日は走攻守、3拍子そろった活躍だった。

 マウンドでは10奪三振。三回は無死満塁から3、4、5番を3者連続三振に切った。決め球はすべて直球。「自分を信じて押した結果、狙った三振を取れました」。結局中軸を1安打、7三振と封じたことが勝利につながった。走っては五回、「左翼手がダイブしたのが見えたので」と、コーチの指示に反してタッチアップし、先制のホームを踏む。六回には自らのバットで貴重な追加点をたたき出した。

こんなニュースも