[PR]

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権の女子で初優勝した14歳の本田真凜(まりん、大阪・関大中)が22日、大会のあったハンガリーから帰国した。羽田空港でファンや報道陣の出迎えを受け、「表彰台を目指していたので、優勝できてびっくりしています」と笑顔で喜びを語った。2018年にある平昌五輪(韓国)について、「出られるように頑張りたい」と話した。

 妹は、人気子役の本田望結(みゆ)(11)。

こんなニュースも