[PR]

 西武は22日、チームの1人が、巨人の笠原元投手、野球賭博常習者とされる飲食店経営者と賭けマージャンをしていた事実を発表した。

 球団によると、2013年のシーズンオフに都内で4回行われた。金額は1ゲームにつき5千~6千円程度。巨人の野球賭博問題の報道を見た本人が、昨年10月半ばに鈴木葉留彦・球団本部長に申し出たという。以降は一切付き合いがなく、野球賭博や反社会的勢力の話はなかったため、球団は野球協約に定める有害行為ではないと判断。厳重注意にとどめ、名前などの公表は控えている。

 鈴木球団本部長は「コミッショナーから開幕前に懸案事項を全て発表するように通達を受けて発表した。決して好ましいものではない」と説明し、謝罪した。

こんなニュースも