[PR]

 巨人の野球賭博問題で、4人目の失格処分者が出た。新たに関与が発覚した高木京介投手(26)に対し、日本野球機構(NPB)は22日、1年間の失格処分にすると発表した。昨秋に無期失格となった3投手よりも軽い裁決になった。

 無期失格と、1年間の失格。昨秋に判明した3投手と、今回の高木投手の処分に差が出た。野球賭博は八百長につながる危険がある重い行為だということを、NPBはこれまで繰り返し説明してきた。だからこそ3投手を無期失格処分にしたのではなかったか。それが今回の処分では「後出しじゃんけんが得をした」という印象をぬぐえない。

 NPBは処分の差について理由をいくつか挙げている。ただ、それ以外の背景もあるようだ。

 熊崎勝彦コミッショナーは高木…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら