[PR]

 国内線の搭乗手続きや予約販売を行うシステムをめぐる22日のトラブルについて、全日本空輸は「複数のデータベースのサーバー間で情報を共有する機能に不具合が起きていた可能性が高い」と明らかにした。午後9時までに146便が欠航、391便が遅延。欠航・遅延はこの日の同社の国内線全便(約800便)の半数以上に上り、約7万1900人に影響が出た。

 全日空によると、このシステムは、空港や同社予約センター、ウェブサイト、旅行会社などと結ばれており、搭乗手続きや予約・販売業務を管理している。これらのデータを保存するサーバーは4台あり、1台でも業務が行える設計になっていたが、22日午前3時44分ごろ、4台のうち1台が停止した。残り3台でこの日の業務を行うことにしたが、残り3台も午前8時20分ごろまでに相次いで停止。一時、4台全てが止まった。

 同社は1台ずつ復旧させようとしたが、2台目を立ち上げると、1台目がダウンする状況が繰り返された。こうしたことから、端末間で情報を共有する機能に問題があり、不具合が連鎖した可能性が高いと判断した。最初の1台がダウンした原因は不明という。

 午前11時半までに、1台での運用を開始。負荷を軽減するため、機能を空港での手続きと、予約センターでの予約、販売に絞った。22日の運航終了後、本格的な復旧に着手し、23日からはインターネットでの予約、販売機能も再開することを目指す。(中田絢子