[PR]

 高速道路の規制速度を、道幅が広く事故が少ないといった一定の条件を満たせば時速100キロから120キロまで引き上げられるようにすることを警察庁が決め、24日発表した。岩手県の東北道と静岡県の新東名高速道路でまずは110キロで試行し、安全が確認できれば対象を広げ、速度も120キロに引き上げていく。

 高速道路の規制速度が100キロを超えるのは、国内で初めて名神高速道路が開通した1963年以来初。試行の時期は新年度以降になる。

 見直しの背景には、新東名のように、車道や路肩が広く、カーブや勾配も少ない、120キロで安全に走れる造りの高速道路ができ、大半の車が規制速度を超えて走っている現状がある。

 国家公安委員長が有識者を集め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら