[PR]

 元航空幕僚長・田母神俊雄氏(67)の資金管理団体をめぐる業務上横領事件で、田母神氏が23日、東京都内で記者会見し、自身の横領容疑について改めて否定した。田母神氏は「政治資金を会計責任者から預かって使ったが、政治資金として使えないと会計責任者から指摘された分は返していた」と説明した。

 田母神氏によると、2014年2月の東京都知事選後から同年末の間、資金管理団体「田母神としおの会」の会計責任者から毎月2回ほど、1回あたり30万~80万円を現金で受け取っていた。総額は約1400万円に上ったという。田母神氏は、金の使途が分かる領収書を会計責任者に渡していたが、このうち計約120万円分については同年末に会計責任者が「使えない領収書だ」と指摘。翌15年1月に返金したという。

 しかし、今月になって東京地検特捜部の事情聴取を受け、私的利用分が実際は計約450万円分あると指摘されたという。田母神氏は「特捜部には返金分を引いた330万円の横領を疑われているが、当時、450万円を返せと言われていたら返していた。横領とは思っていない」と述べた。

 この団体の14年の政治資金収支報告書には、計約5050万円の「使途不明金」が記載されている。田母神氏は15年2月、「3千万円以上を会計責任者が私的に流用した」と発表。一方、選挙対策本部長を務めた会社社長らは同年12月、田母神氏と同事務局長、会計責任者の3人が計7千万~8千万円を着服した業務上横領の疑いがあるとして東京地検に刑事告発。特捜部は今月、田母神氏の事務所などを家宅捜索していた。告発した会社社長は「捜査を見守りたい」とコメントした。