[PR]

(23日、選抜高校野球 南陽工6―0市和歌山)

 市和歌山は懸命に守っていたが、九回、ついに緊張の糸が切れた。無死一、二塁、投前へのバントを赤羽が三塁へ悪送球。これで失点すると、一気に計6点を奪われた。

 「もったいなかった」と半田監督。七回2死一、二塁では左前安打を大野が好返球して本塁アウト。八回1死一、三塁でも二ゴロで生還を狙う走者を刺した。伝令で「1点はOK」と指示されたが、「四つ(本塁)でとるぞ」と内野陣。八回までは、8安打されても本塁を踏ませなかった。

こんなニュースも