[PR]

 東京電力福島第一原発事故で全村避難している福島県飯舘村(1月末現在で6240人)は23日、2017年3月末に村の大部分の避難指示解除を目指すと発表した。解除に先立ち、今年7月1日から自宅への宿泊を政府に認めてもらいたいという。

 解除を目指すのは村の20行政区のうち帰還困難区域の長泥行政区を除く19行政区。村は6月22日に村役場を村内に戻す予定。一方、村外の仮校舎などに移った村立幼稚園や小中学校の村内での再開目標は、除染や改築工事に時間がかかるため、解除目標より1年遅い18年4月とした。