[PR]

 東京電力福島第一原発事故の賠償金詐欺事件に絡み、賠償金の請求方法を教えたなどとして、警視庁は23日、東電の40代男性社員を詐欺容疑で書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、社員の容疑は、NPO法人「東日本大震災原子力災害等被災者支援協会」(東京都中野区)元幹部の進藤一聡(かずあき)被告(44)=詐欺罪で公判中=らと共謀。福島県内の建設会社が請け負っていた工事が、事故の影響で中止となった、などとするうその申請に関わったというもの。

 進藤被告は同様の手口で計約8500万円をだまし取ったとして起訴されている。公判では「社員に、請求方法を教わった見返りとして賠償金の5%を支払った」と証言。社員は警視庁の調べに「報酬として数百万円を受け取った」と認める一方、「不正な請求とは知らなかった」と容疑を否認したという。

 東電広報室は取材に「引き続き検察による捜査が行われると認識しており、回答は差し控える。適切な対応を徹底したい」とコメントした。