[PR]

(23日、選抜高校野球 秀岳館6―5花咲徳栄)

 秀岳館が大会屈指の左腕、花咲徳栄の高橋昂を攻略した。決め手は、追い込まれてからの対応力を高めたノーステップ打法だった。

 好機が訪れたのは1点を追う三回。1死から連打で一、二塁。続く木本が9球を投げさせて四球を選ぶ。追い込まれてからは目線のぶれが少ないノーステップに変え、低めの変化球を見極めた。これが高橋昂のリズムを狂わせた。

 1死満塁。九鬼が甘く入った直球を振り抜き、左中間に逆転二塁打を放った。「先制されていたので必死にいった」。その後も犠飛と連打などで計5点。理想的な展開に持ち込んだ。

 高橋昂は低めのフォークやスラ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも