[PR]

 反イルカ漁団体に所属するオーストラリア人の女性が、和歌山県太地町の町立くじらの博物館に入館を拒まれたのは違法として、町に慰謝料など335万円を求めた訴訟の判決が25日、和歌山地裁であった。橋本真一裁判長は、思想・良心や表現の自由を保障した憲法の趣旨を踏まえ、女性は情報を得ようとする行為を妨げられたと判断。町に11万円の支払いを命じた。

 原告はジャーナリストのサラ・ルーカスさん(31)。2014年2月に博物館を訪れた際、職員から「捕鯨反対の人は入館できない」と書かれたプラカードを示されて入場を拒否され、憲法上の権利を侵害されたと訴えていた。

 判決は、来訪の主な目的は反捕鯨の考えを広く社会に表明する点にあるが、展示物から捕鯨を学ぼうとする動機が全くなかったともいえないと指摘。情報を得る行為の尊重は憲法上の要請でもあるとして、原告は入館拒否で精神的損害を受けたと認定した。プラカードの文言も「思想による不利益な取り扱い」で憲法上問題があると述べた。

 町側は訴訟で「迷惑行為に及ぶ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら