[PR]

 世界の主要自動車メーカーが集まる「ニューヨーク国際自動車ショー」が23日開幕し、報道関係者らに公開された。トヨタ自動車やホンダなどが主力車の新型モデルを披露。販売が好調な米国で売れ筋をアピールし、販売アップをめざす。

 トヨタは主力車種「プリウス」のプラグインハイブリッド(PHV)タイプを全面改良した新型モデルを初めて公開した。ホンダは主力乗用車「シビック」を大きく改良した試作車を北米では初披露したほか、日産自動車も高級スポーツカー「GT―R」の新たなモデルを初公開した。

 同自動車ショーは24日まで報道陣向けに公開され、25日から4月3日まで一般公開される。(ニューヨーク=畑中徹)