[PR]

 旅行会社「クラブツーリズム」(東京都新宿区)は22日、主催した貸し切りバスツアーの男性運転手(42)が、東名高速道路を走行中にスマートフォンを操作していたとして、ホームページ上で謝罪した。

 同社によると、20日午前8時半~9時ごろ、東京から静岡に向かった日帰りツアーで、委託先のバス会社の運転手が、東名高速道路を走行中にハンドル上に乗せたスマートフォンを操作した。この様子をバスの外から撮影したとみられる動画がインターネットに投稿され、発覚した。バスには乗客と乗員計38人が乗っていた。同社は委託先のバス会社に対し、今後の同社ツアーにはこの運転手を乗務させないよう申し入れた。