[PR]

 歌人の与謝野寛(鉄幹)・晶子夫妻が青森県の知人とかわした書簡類31点を同県弘前市立郷土文学館が翻刻し、さかい利晶の杜・与謝野晶子記念館(堺市)が確認した。夫妻の手紙を集めた書簡集には未収録で、「明星」復刊を宣伝する記述や、夫妻の全集に未掲載の短歌8首もある。記念館は「これだけまとまって見つかることは珍しい。明星などが出ていない時期の書簡もあり貴重な資料」としている。

 書簡は同県板柳町で味噌醬油(みそしょうゆ)製造業をしていた松山鉄三郎氏宛て。孫で東京都国立市の出版社顧問松山宗平さん(84)が父親から譲り受け、自宅で保存していた。今年、文学館の館田勝弘・企画研究専門官(3月末で任期満了)に、崩し字で書かれた文献を楷書に直す翻刻を依頼した。

 夫妻は1925(大正14)年9月に1度だけ同町を訪問。松山家に3日間宿泊した。文芸誌「明星」には、夫妻が松山家で万葉集や源氏物語を講義したとの記載がある。

 書簡は同年10月の宿泊のお礼から、35年12月の晶子の手紙まで10年間の書簡28通とはがき3枚。松山氏の短歌を夫妻で添削し、送り返した巻紙もある。

 26年7月の書簡では、夫妻で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら