[PR]

(24日、選抜高校野球 創志学園5―1東海大甲府)

 ただ速いだけじゃない。考えて走る。創志学園が自慢の機動力で勝負に出た。

 五回だ。1点を追う1死一、二塁でサインはヒットエンドラン。打者本田は空振りしたが、走者はオールセーフ。結果的に重盗になった。二塁走者藤瀬は「相手投手は変化球がいい。空振りもあると思ってスタートした」。さらに、藤瀬は本田の詰まった二ゴロでも判断良く本塁を陥れる(記録は野選)。次打者の二ゴロで三塁走者小林が生還し、勝ち越した。

 この場面、藤瀬も小林もバット…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも