[PR]

(24日、選抜高校野球 高松商7―6いなべ総合)

 十回無死、先発したいなべ総合の山内は、七回から守る三塁でサヨナラ負けを見届けた。「終わったなと。でも、仕方がない。『まだ夏がある』って声をかけたい」。本塁付近でうなだれる後輩の2年生、渡辺啓を気づかった。

 背番号は5。エース番号を背負う渡辺啓との継投で昨秋の東海大会で準優勝した。「自分が全力で投げられるのは(渡辺)啓五に任せられるから」。明治神宮大会を制した高松商に対して6回を6安打3失点。全力で立ち向かった。

こんなニュースも