【動画】北海道新幹線の東京発の一番列車「はやぶさ1号」=井手尾雅彦、越田省吾撮影
[PR]

 誕生から半世紀がたった新幹線が26日、世界最長の海底トンネルを抜け、北海道を疾走した。開業を待ち望んだ沿線や各駅では、首都圏や東北からの乗客を迎え、一足早い春が到来した。

■地元高校生のブドウ、ワインに

 開業した新函館北斗駅(北海道北斗市)には、午前6時前から約500人が訪れた。駅舎1階のアンテナショップに約200本のスパークリングワインが並んだ。地元の北海道大野農業高校の生徒が育てたブドウで作った「●(Oに^〈曲折アクセント〉付き)NORA(オオノラ)」だ。

 新幹線開業に向けて2013年、函館市のワイナリー「農楽蔵(のらくら)」が北斗市に開業記念の限定商品づくりを提案。市の仲介で学校が「生徒のやりがいにつながる」と応じた。14年に収穫したブドウを農楽蔵が1年間熟成させて仕上げた。