[PR]

(24日、サッカーW杯アジア2次予選 日本5―0アフガニスタン)

 果敢なパスがゴールをこじ開けた。前半43分、敵陣真ん中付近でボールを持ったMF清武は、2人の相手DFの間にいたゴール前のFW岡崎へ、低い球を縦に出した。

 速く正確なパスが、相手にカットされず届くと、岡崎は軽くボールに触ってマークを外し、シュートをゴール左へ蹴り込んだ。

 ハリルホジッチ監督は、相手ゴールの近くでも失敗しないプレーを選ぼうとする選手たちに、「自信を持て」「積極性を持て」と要求し続けてきた。要求に応えたのが、トップ下に入った清武だった。

 確実なプレーはいつもの通りだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも