[PR]

 カバのデザインのうがい薬のパッケージをめぐり、食品大手の明治と米系製薬のムンディファーマが互いにデザインを使わないよう求める仮処分申請を東京地裁に申し立てていた問題で、両社は24日、和解が成立したと明らかにした。

 和解は18日付だが、具体的な内容は明らかにしていない。関係者によると、両社は4月からそれぞれカバのデザインのパッケージのついたうがい薬を販売予定だが、その時点ではデザイン案は変えない。ただし、時期は未定だがその後、ムンディファーマがデザインを変更するという。

 明治はうがい薬のパッケージにカバのキャラクター「カバくん」を載せている。これまで「イソジン」として販売してきたが、国内でつくって売る権利を失うため、4月からは別の商品名で販売する。一方、ムンディファーマが4月から「イソジン」の名前で新たにうがい薬を売り出す。