中部経済連合会は、中部電力相談役の三田敏雄会長(69)が6月に退き、後任に豊田自動織機会長の豊田鉄郎副会長(70)を充てる人事を固めた。中経連会長は歴代13人のうち9人が中電出身。電力自由化で本業の競争が厳しくなるなか、今回はトヨタ自動車グループが担う。

 6月の総会後の理事会で正式に決める見通し。豊田鉄郎氏は、トヨタの「中興の祖」とされる故・豊田英二氏の次男。トヨタグループからの就任は、2004~07年の豊田芳年氏(豊田自動織機名誉会長)以来2人目となる。

 三田氏は11年に就任。海外か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも