私立学校と公立学校の指導・管理業務の一元化をめざす「教育庁構想」をめぐり、大阪府教育委員会は25日、知事部局が所管する私学の業務を4月以降、府教委の教育長が所管することを決めた。

 この日改正が決まった規定では、府教委事務局の名称を「教育庁」に変え、新たに私学課を設置。部長級ポストの私学監も置き、指導・管理業務を担当する。

 教育庁構想には私学側が「公立・私立の指揮命令の一元化は私学の自主性を損ねる」と反発していたが、構想を主導する松井一郎知事は「私学の自主性、独立性を阻害しないと丁寧に説明してきた。情報共有を進めてお互いの良いところを教育現場に反映させたい」としている。(石原孝)