[PR]

 中南米を中心に流行するジカウイルス感染症(ジカ熱)がブラジルに持ち込まれたのは2013年とみられるとの研究結果を、ブラジルや英国などの研究チームが25日、米科学誌サイエンスに発表した。

 これまでジカウイルスは、14年6~7月にブラジルで開催されたサッカーW杯などを機に米大陸で最初にブラジルへ持ち込まれたとみられていた。しかし、チームはウイルスの遺伝子解析や渡航者の状況から、13年5~12月にブラジルに入ったと推定した。13年6月にブラジルであったサッカーの国際大会の時期に、13~14年にジカ熱が流行した仏領ポリネシアなどからの渡航者が増えていたという。

 東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は「日本で大規模に流行する可能性は低いが、ラグビーW杯や東京五輪のようなイベントをきっかけにした流行は起こりうる」と話す。

 また、チームは母親のジカウイルス感染によって胎児が小頭症になったと疑われるブラジルの1118例を解析。妊娠17週での感染が小頭症の発症と最も関連性が強いと推定した。(南宏美)