【動画】四国電力が廃炉にすると発表した伊方原発1号機=高橋伸竹撮影
[PR]

 四国電力は25日、来年で運転開始から40年となる伊方原発1号機(愛媛県伊方町、出力56万6千キロワット)を廃炉にすると発表した。原発の運転期間は原則40年で、原子力規制委員会が安全対策を認めれば、最長で20年延長できる。ただ、四電は運転延長しても多額の対策費に見合う収益が上がらないと判断した。

 四電の佐伯勇人社長は25日午前、愛媛県庁で中村時広知事に伊方1号機を廃炉にする方針を伝えた。佐伯社長は「総合的に検討した結果、運転延長の申請を行わず、廃炉にするという結論にいたった」と述べ、中村知事は「真摯(しんし)な姿勢で検討してきた結果だと受け止める」と話した。

 伊方1号機は1977年9月に運転を始めた。東日本大震災後の2011年9月に定期検査で止めて以来、運転していない。

 四電によると、伊方1号機を再…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら