地方銀行の千葉銀行(千葉市)と武蔵野銀行(さいたま市)は25日、資本・業務提携すると発表した。同日午後に記者会見する。両行はすでに互いの株式を保有し合っており、さらに数%程度買い増す方向で調整しているとみられる。

 両行は「それぞれが独立経営を堅持し、ノウハウを結集して相互に有効に活用する」としており、人材交流や金融商品、システムの共同開発などで協力を深め、コスト削減を進めるとみられる。「経営の独立性や固有の店舗網や顧客基盤は維持する」としている。

 千葉銀は千葉県を地盤にしつつ、近年は都内にも積極的に出店し、中小企業向けの貸し出し増に注力している。武蔵野銀は、有望な市場である都心に近い埼玉県の地銀として存在感を保っている。

 全国的に地方銀行の合従連衡が進むなか、特に関東地方では、横浜銀行(横浜市)と東日本銀行(東京都)が来月、経営統合してコンコルディア・フィナンシャルグループが発足。常陽銀行(水戸市)と足利ホールディングス(宇都宮市)も経営統合の方針を打ち出している。

こんなニュースも