[PR]

 スポーツ庁は25日、同庁のシンボルマークを発表した。カタカナの「ス」を基本に、下の部分は漢字の「人」を表現したデザインで、建築デザイナー、野村恒司さん(32)の作品だ。

 公募を経て最終候補の5点から選んだ鈴木大地長官は「右上に伸びる線が太陽を連想させるオレンジ色と共に力強い」と満足げ。

 昨年10月の同庁発足にあわせる予定だったが、東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムの白紙撤回を受けて選考が中断、約半年遅れのお披露目となった。