[PR]

 今夏から選挙権を得るAKB48の向井地美音(むかいちみおん)さん(18)、加藤玲奈(れな)さん(18)、茂木忍(もぎしのぶ)さん(19)とジャーナリストの津田大介さんが、投票するための「ものさし」について話し合う「私たちも投票します」(第2部)。最終回となる4回目は、メディアとの上手な付き合い方を話し合います。前回は情報の読み解き方を具体例から考えました。今回は、情報をバランス良く得る方法について語り合います。

 詳報は、朝日新聞の3月27日付朝刊に掲載します。

     ◇

 津田 前回は、情報の読み解き方について考えました。では、どうやったら、その能力を身につけられるのか。大切なのは、ネット、紙、人の三つの情報源をうまく活用することです。栄養のバランスが偏ると不健康になるように、情報の入手先もバランスが肝心です。

 向井地 ネットからだと、情報が簡単に手に入るので、つい頼ってしまいます。

 津田 皆さんはスマホを使っていますし、生活になくてはならないものでしょう。大事なのは、ネットで流れる情報の特徴を知ったうえで接することです。

 茂木 ネットには、だれが発信したのか分からない情報もあります。

こんなニュースも