[PR]

 4月13日に投開票される韓国総選挙(定数300、任期4年)の候補者登録が25日、締め切られた。韓国政界は離合集散が激しいうえ、有権者が多選に否定的なことから、多選議員が減っている。

 今回の候補者1102人(選挙区944人、比例区158人)のうち、最多当選者は7選の現職、徐清源(ソチョンウォン)氏(セヌリ党)。韓国政治で過去の最多選記録は金鍾泌(キムジョンピル)元首相や金泳三(キムヨンサム)元大統領らの9選。過去、この2人に金大中(キムデジュン)元大統領(6選)を加えた「三金政治」時代は、強力な政治指導者の下で議員集団が形成されていた。

 ところが、最近は「大統領になった人が権力者」(韓国専門家)という政治状況。大統領の再選もないため、離合集散が激しい。与党セヌリ党では李明博(イミョンバク)前大統領の側近たちが次々に候補者争いで脱落。野党陣営でも盧武鉉(ノムヒョン)元大統領支持派や金大中氏支持派らが対立し、党が分裂した。

 さらに、「多選は既得権の温床」という印象があり、各党が「ムルガリ(水の入れ替え)」と呼ばれる議員の交代を積極的に行っている。現職292議員のうち、当選1回の議員が149人を数える。

 韓国の元国会議員は「経済協力開発機構(OECD)加盟国でこんなに議員の入れ替わりが激しい国はない。素人ばかりで法案質疑が滞る事態も起きている」と語った。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも