[PR]

(26日、大相撲春場所14日目)

 敗れたら「終了」となりかねなかった2人の大関が踏みとどまった。

 豪栄道はファンの思いを感じたはずだ。相手は同じ大阪出身の勢。声援は勢へのそれをかき消していた。押されたが、より大きな目標が残る者の強さ。逆転の首投げを決めた。報道陣への締めはルーティンになっているせりふ。「明日の一番も集中していきたい」

 泰然としていたのは稀勢の里。「自信をもっていけたと思います」。立ち合いで2度、照ノ富士に突っかけられても揺らがない。得意の左四つにしてじりじりと寄って出た。もうあとがない、緊張したか? こんな問いかけに答えた。「そうでもない。自分との戦いですから」。支度部屋のテレビ。白鵬の取組を一切見ることをしなかった。

 千秋楽で2人は直接当たり、勝った方が結びの一番に望みをつなぐ。優勝を逃しても13勝とすれば、今後に弾みがつくだろう。(隈部康弘)

こんなニュースも