[PR]

(26日、西武9―5オリックス)

 劣勢をはねのける力が、今の西武打線にはある。試合開始早々、先発の十亀が乱れて5失点。2日連続完売となった観客席からはため息も漏れた。だが、前夜に劇的なサヨナラ勝利を飾った西武ベンチは動じない。

 三回に坂田の右前適時打で1点を返すと、反撃が始まった。続く四回は炭谷の右前安打を皮切りに、2安打4四死球など打者10人の猛攻で一気に同点に追いついた。終わってみれば毎回安打、先発した打者全員出塁のチーム12安打。2日連続の逆転勝利に、田辺監督は「5点は重かったけど、各打者がよくつないでくれた」と選手をたたえた。

 秋山や中村らが並ぶ打線の破壊力はリーグ屈指。だが、この2試合まだ本塁打はない。際立つのは「つなぐ」意識だ。開幕戦は8四球。この日も8四死球と、1番から9番までが個々の役割に徹しきれている。

 特に、2番栗山の働きが大きい。主将は「ただの2番。うしろにつなぐだけ」と控えめだが、開幕戦は2打点で、この日は六回の2点左前適時打を含む2安打2四死球。昨季も開幕から2番に据えられたが、調子が上がらず終盤は打順を下げていた。

 試合前、打撃練習の順番が背番号で書かれているホワイトボードには、「あきらめないやつには、誰も勝てないんだ」と記されていた。大リーグの伝説の打者、ベーブ・ルースの言葉だ――。チームが一丸となり、その言葉を体現した。(遠田寛生)

 ○秋山(西) 今季初の1試合3安打に「走者をかえせて、またその後、打線がつながり、点が入ったので良かった」。

 ○外崎(西) 9番で1安打2四球の渋い働き。「(上位の)秋山さん、栗山さんにいい形でつなげられた」

 ○牧田(西) 四回から救援し6回1安打無失点。今季初勝利も転がり込み「しっかり低めに投げて、自分の持ち味を出せた」。

 ○中村(西) 待望の今季初安打は、中前への適時打。打点も挙げ「1本出てよかったです」。

こんなニュースも