[PR]

 西幕下2枚目の宇良が白星を挙げ、6勝1敗の好成績で今場所を終えた。

 同学年で、日体大時代に学生横綱に輝いた大輝が相手だった。関学大に在籍していた当時は「雲の上の存在」。しかしこの日は自らが主導権を握った。右足を抱えて体勢を崩し、最後はすくい投げで倒した。「力を付けたのかな」

 すでに自己最高位での勝ち越しを決めているが、関取昇進は、十両力士やほかの幕下上位陣の成績にも左右される。番付編成会議は30日。「早く(関取に)上がりたい」が本音だが、「やることをやったので、後は結果を受け止めたい」。吉報が届くか。

こんなニュースも