[PR]

 南半球最高峰リーグ、スーパーラグビーは26日、各地であり、今季から参入した日本のサンウルブズ(SW)はシンガポールでブルズ(南アフリカ)と対戦し、27―30で敗れ、開幕4連敗となった。SWは前半2分、デュルタロのトライで先行したが、26分にモールから逆転トライを許し、前半を10―16で折り返した。

 後半16分には自陣からパスをつなぎ、山田のトライで追い上げた。10点を追う試合終了間際には、ラインアウトから初出場のSH矢富がトライを挙げた。ゴールも成功し、7点差以内の敗戦に与えられるボーナスポイントの勝ち点1を加え、通算勝ち点を2に伸ばした。

 チーフス(ニュージーランド)に所属する日本代表の主将リーチはウエスタンフォース(オーストラリア)戦にナンバー8でフル出場し、今季初トライを挙げた。チームも53―10で快勝した。

こんなニュースも