[PR]

 今夏に米ハワイ沖で予定されている日米などの多国間軍事演習「リムパック」を巡り、海上自衛隊側が安全保障関連法成立後の昨年末、同法に基づく米艦防護などの演習内容は盛り込まない意向を米軍側に伝えていたことがわかった。防衛省関係者によると、演習の時期は夏の参院選と重なるとみられ、選挙への影響を避ける狙いがあるという。

 安保法は29日に施行されるが、自衛隊の現場では同法に基づく新任務に向けた訓練は、少なくとも表だって行われていない。

 リムパックは米軍主催で2年に1度ある。前回は6月末~8月初めに22カ国が参加して実施された。今回も同時期になる見通し。一方、参院選の投開票は7月に行われる方向だ。

 安保法により海自には、公海上…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら