[PR]

 米大統領選の民主党候補者指名争いで26日、サンダース上院議員(74)がワシントン州など3州の党員集会でいずれも圧勝した。獲得代議員数ではクリントン前国務長官(68)が依然優位だが、若者や無党派層への浸透が進まない弱点も露呈。党指名を獲得しても共和党と対決する本選での不安材料となるのは必至だ。

 「我々には勝利への道が開かれている」。サンダース氏は26日、遊説先のウィスコンシン州で、詰めかけた約8千人の支持者を前に、こう息巻いた。

 サンダース氏はこの日、ワシントン州党員集会(一般代議員数101人)で、73%の得票率で勝利したほか、アラスカ州(同16人)では82%、ハワイ州(同25人)でも70%の得票で圧勝した。

 同氏はこれまで南部の州を中心にクリントン氏に敗れているが、若者中心に支持を広げ、中西部や西部、北東部で底力をみせて計14州で勝利したことになる。

 クリントン氏は依然優位な情勢だ。予備選・党員集会の結果とは無関係に、党全国大会で投票権が与えられる連邦議会議員ら特別代議員の獲得数で圧倒。党主流派の「組織票」を固め、現在の獲得代議員数は1730人を超える見通しで、サンダース氏の約1040人を大きく上回る。

 だが、不安材料は若者や無党派層、白人男性への浸透が進まないことだ。今月15日のフロリダ州予備選では圧勝したが、CNNの出口調査の内訳をみると、30歳未満、無党派層、白人男性でサンダース氏への投票が多数を占めた。熱狂的なサンダース氏やトランプ氏の支持者に比べ、クリントン氏の集会には中高年が目立ち、熱気に欠ける。

 「好感が持てない」との非好感度は、CBSニュースの世論調査で、共和党のトランプ氏の57%に次ぐ52%。過去30年間大統領選で非好感度が50%を超えたのは、この2人だけ。各種世論調査では、サンダース氏の方が、より共和党候補に強いとの結果も出ている。

 クリントン氏が党の指名を獲得しても本選で共和党候補に勝てるのか――。そんな懸念も党主流派から出始めている。「中立」を装いながらも、後継者にクリントン氏が望ましいと考えるオバマ大統領もそんな不安を抱える一人だ。

 米紙ニューヨーク・タイムズによれば、オバマ氏は今月中旬、テキサス州での資金提供者との密室会合で、サンダース氏との対決が長引けばクリントン氏が傷つき、共和党に勝機を与えると懸念し、暗にサンダース氏の早期撤退が望ましいとの考えを示した。

 だが、健闘を重ねるサンダース氏が早々に撤退表明する気配はなく、6月7日にカリフォルニア州など6州で行われる予備選・党員集会まで決着がつかない可能性が濃厚になっている。(ワシントン=佐藤武嗣)