[PR]

(27日、大相撲春場所千秋楽)

 2敗同士の一番で稀勢の里に敗れた豪栄道は、さばさばしていた。「張って中に入る狙いだったが、相手得意の左四つに組んでしまうと重かった」。ただ、カド番を脱出しただけではなく自己最多タイの12勝を大関で挙げ、千秋楽まで優勝争いに加わった。「苦しい場所が続いていたが、今場所はいろいろな人たちの期待に応えられたかな」。安堵(あんど)の表情を浮かべた。

こんなニュースも