[PR]

 第30回高崎映画祭の授賞式が27日、高崎市の群馬音楽センターであり、「野火」で最優秀作品賞を受賞した塚本晋也監督、最優秀主演女優賞の山田真歩さん、最優秀主演男優賞のオダギリジョーさんらの受賞者に、記念のトロフィーや高崎だるまが贈られた。

 受賞者17人のうち、最優秀主演女優賞の深津絵里さんら3人はスケジュールの都合などで欠席したが、14人が登壇し受賞の喜びや作品への思いを語った。

 塚本監督は「戦争を扱い、作るのが難しかった。高崎で大きな賞をいただけてうれしい。戦後70年は過ぎたが今後も上映を続けていきたい」と語った。

 群馬交響楽団の草創期を描いた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら