[PR]

(27日、選抜高校野球 高松商5―1創志学園)

 創志学園は自慢の機動力を生かせなかった。湯井の内野安打で初めて走者が出た二回2死。二盗を試みようとした湯井が一塁牽制(けんせい)球で挟まれタッチアウト。5点を追う五回は先頭の高井が左前安打で出塁。ランエンドヒットのサインで二塁を狙ったが、これも捕手に読まれて盗塁死。得点への足がかりを失った。

 1回戦は3盗塁で東海大甲府の守備をかき乱したが、5安打の今回は出塁の機会も少なく盗塁ゼロ。高井は「警戒されてはいたが、相手の方がうまかった。もっと走塁を磨いて夏に戻ってきたい」。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも