[PR]

 ミャンマーのミンアウンフライン国軍最高司令官は27日、首都ネピドーであった国軍記念日の式典で、「軍は国の平和と発展のために政府と協力しなければならない」と述べた。アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)による新政権とも協調する姿勢を示したとみられる。

 ミンアウンフライン氏は、少数民族武装組織の活動などが「民主主義を混乱に陥れかねない」と指摘。「軍が国の治安を維持しなければならない」と述べ、その存在意義も強調した。

 昨年の演説では「改革は急すぎると動揺を生む」などと、軍政下で制定された憲法の改正によるさらなる民主化を求めるスーチー氏らを牽制(けんせい)する発言が目立った。だが、今回は間近に迫った政権交代を意識した模様だ。(ヤンゴン=五十嵐誠)

こんなニュースも