[PR]

 シリアの国営メディアは27日、アサド政権軍が同日午前、世界遺産の都市遺跡で知られる中部パルミラの全域を、過激派組織「イスラム国」(IS)から10カ月ぶりに奪還したと報じた。ISをめぐっては掃討作戦を主導する米国が25日、ナンバー2とされる幹部をシリア領内で殺害したと発表するなど、シリアとイラクでのISの劣勢が鮮明になっている。

 昨年9月からロシア軍の空爆支援を得て攻勢に転じたアサド政権軍にとって、対IS戦で最大の戦果だ。シリアの国営テレビによると、アサド大統領は同日、「パルミラ解放は重要な戦果。テロとの戦いにおけるシリア軍と同盟軍の成功を示す」と述べた。シリア内戦をめぐっては先月27日にロシアと米国が主導する停戦が発効したが、ISはアルカイダ系のヌスラ戦線とともに除外されている。

 パルミラは、首都ダマスカスの約230キロ北東にある内陸の要衝だ。ISは昨年5月にアサド政権軍を撃破して制圧後、ここを拠点に西進を続け、パルミラ―ホムス間に支配地域を拡大。遺跡を象徴するベル神殿の本殿と列柱やバール・シャミン神殿を爆破した。

 アサド政権軍は今年3月下旬から空爆支援を続けるロシア軍とともに、パルミラへの攻勢を本格化。奪還したことで、シリア中央部からイラク国境に広がる広大な砂漠地帯を支配下に置くことができる。パルミラから約160キロ北東にあり、ISが「首都」と称するラッカ攻略にも足がかりを得たことになる。

 シリア国営メディアによると、遺跡保存を担当する文化省文化財・博物館局のマムーン・アブドルカリム局長は「安全が確保でき次第、修復作業に取りかかりたい」と述べた。ベル神殿とバール・シャミン神殿に専門家チームを派遣し、破損状況を確認して修復計画を検討するとしている。(イスタンブール=春日芳晃、乗京真知)