[PR]

(27日、選抜高校野球 高松商5―1創志学園)

 三回2死満塁。高松商の5番美濃の打球が左翼手の頭上を抜けていく。「(体が)少し泳いだけど、しっかりと(バットを)振り切ったのでよく飛んでくれた」。納得の表情で振り返った走者一掃の適時二塁打。3点を先取し、試合の流れを引き寄せた。

 相手は大会屈指の右腕高田。とはいえ、この日は変化球の制球がいま一つ。長尾監督は「変化球がワンバウンドしていた。(走者がいる場面で)直球が多くなる」と感じていた。美濃も「直球を狙っていた」。カウント1―1からの3球目。高めにきた147キロを迷うことなく振り抜いた。

こんなニュースも