[PR]

 「魔の11分間」。離陸後の3分間と着陸前の8分間を合わせて、航空関係者らはこう呼ぶ。最も操縦の難度が高いとされる時間帯だ。

 元日本航空機長で航空評論家の小林宏之さん(69)によると、この時間帯はパイロットにとって多くの作業量や注意力を求められる一方、機体の高度や速度調整に余裕がなく、「事故が多くなる傾向がある」という。今回の事故も着陸時に起きた。

 「着陸は特に難しい。今でも緊張する」。小型機などで30年以上の操縦歴があるベテランの男性パイロット(57)は言う。フラップを下げる、着陸脚を出す、管制官と交信する。様々な作業を同時に目配りしなければならず「心拍数が倍以上に上がる」という。

 墜落した小型機は米ムーニー社…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら