[PR]

 イナゴやバッタ、カイコなどの昆虫を使った発酵調味料の試食会が27日、和歌山県紀の川市の粉河ふるさとセンターであった。地元で地域活性化に取り組む団体「いなか伝承社」の主催。昨年から一部の調味料を販売しているが、一般向けの試食会は初めてで、県内外から11人が参加した。

 地域にある資源を生かし、新たな魅力の発信方法を探る、いなか伝承社。取り組みの一環として、湯浅町伝統のしょうゆの醸造技術に、田舎暮らしにつきものの昆虫を、大豆の代わりとして組み合わせ、しょうゆ風の発酵調味料を開発した。

 この日は、昨年から販売を始めた「イナゴソース」で使用したツチイナゴに加え、コバネイナゴ、トノサマバッタ、カイコ、ジャンボミールワームの計5種の昆虫を、それぞれしょうゆこうじと米こうじで醸造した10種類の調味料を準備。市販されている大手メーカーのしょうゆも並べ、味や香りを比較した。その後、この昆虫の調味料を生かした料理として、から揚げや煮物、お吸い物、サラダなど14品目を用意して味わった。

 好奇心旺盛な参加者の反応は上…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら