[PR]

 埼玉県朝霞市で2014年3月に行方不明になった女子中学生(15)が、27日に東京都中野区で保護された事件で、埼玉県警は28日、未成年者誘拐の容疑で逮捕状を取り、公開指名手配した中野区東中野3丁目、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)を静岡県伊東市内で見つけ、身柄を確保したと発表した。

 埼玉県警によると、寺内容疑者は首の右側に切り傷があり、静岡県伊豆の国市内の病院で治療を受けている。命に別条はなく、会話できる状態だといい、調べに「カッターを使った。自殺しようとした」などと話している。

 静岡、埼玉両県警の説明では、静岡県伊東市十足(とおたり)をバイクで通りかかった新聞配達の男性から28日午前3時15分ごろ、「血だらけの男が歩いている」と通報があり、伊東署員が路上で寺内容疑者を発見。持っていた運転免許証で身元を確認した。カッターや財布も持っていた。かなりの出血があり、事情聴取はできなかったという。県警は容体が回復し次第、逮捕する方針。

 千葉大によると、寺内容疑者は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら