[PR]

 カーリングの女子世界選手権は27日、カナダのスウィフトカレントで決勝があり、日本代表のLS北見はスイスに9―6で敗れた。初優勝は逃したが五輪、世界選手権を通じて初の銀メダルを獲得した。

 LS北見は第8エンドに3点を奪って、6―5とリードした。しかし第9エンドに2点を奪われて逆転され、逃げ切られた。

     ◇

 スキップの藤沢の話 今は悔しい思いしかない。経験や作戦の差があると実感した。ここぞの時に攻めることができる強いスキップにならなければいけない。新たな課題をもらったので、一からやり直したい。