[PR]

 大阪府八尾市の八尾空港で小型飛行機が墜落し、4人が死亡した事故で、大阪府警は28日、司法解剖の結果、死者1人の身元が同府豊中市新千里北町1丁目の川崎貴嗣(たかし)さん(40)と判明したと発表した。死因は脳挫滅で、墜落時に頭を強く打ったとみている。

 捜査1課によると、墜落した米ムーニー社製「M20C」は前後に2人ずつ座れる4人乗り。川崎さんは左前の座席にいたという。川崎さんは自家用操縦士の免許を持っており、府内の航空関連会社で事業用操縦士になるための操縦訓練を受けていたとみられる。一緒に訓練を受けていた2人が乗っていたとの情報もあり、府警が確認を進めている。

 府警や国土交通省によると、事故機の所有者は広島市在住の40代男性で、西本泰志さん。同機は前方2席に操縦桿(かん)があり、どちらからも操縦できるため、府警は事故時にだれが操縦していたかを調べている。

 府警は28日午前10時ごろか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら